haerj_r

Apple Watchを作るには
Appleだけでなく
サプライヤーが欠かせません。

サプライヤーは「供給者」という意味で
部品などを作る会社、工場です。

最先端のスマートウォッチ
「Apple Watch」を作る
サプライヤーはどうなのか気になります。

・サプライヤーの現状
・サプライヤーに異変!

・日本のサプライヤー達
を見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

サプライヤーの現状

Appleのサプライヤーは
世界中にあります。

多い順に並べると中国334、
日本131、アメリカ73です。

中国が一番多いです
中国の最近の成長はすごいので
将来性を考えていますね。

「自分の国が作っている」と
言われれば欲しくなります。

中国は人口が多いので
「自分の国が作っている」と
言われれば沢山売れるでしょう。

スポンサードリンク

売れ行きも改めて
確認してみましょう。

「Apple Watchの売れ行きを知りたい!
噂から徹底的に調べてみた」の記事はこちら

サプライヤーに異変!

Apple製品はすばらしい製品ですが
その裏には「サプライヤーの苦労」があります。

サムスン(韓国)や島田製作所(日本)が
Appleに特許権侵害で訴えました。

Appleとサプライヤーの信頼構築が
これからも大切ですね。

「工場で従業員が不足する
問題」もあります。

「Apple工場で人員不足!
懸賞で従業員を募集」の記事はこちら

日本のサプライヤー達

日本もApple Watchの製造に
深く関わっています。

「どんな会社が関わっているの?」
とあなたは思うかもしれません。

小さな会社も沢山ありますが
大きな会社は
ソニー、パナソニックがあります。

「あの有名な日本会社も
Apple Watchに関わっていた」という事も
あります。

日本会社がApple Watchを作っていると聞くと
欲しくなってきます、

まとめ

Appleのサプライヤーは
中国が一番多く、
2位が日本、3位がアメリカです。

「自分の国が作っている」と聞けば
愛着がわいて欲しくなります。

特許権侵害や人員不足の問題があり
Appleとサプライヤーの信頼、約束を
もう一度見直して欲しいです。

日本はソニー、パナソニックなどの
大企業がAppleに関わっています。

「日本が作ったApple製品」を
欲しくなってきます。