geh_r_r

Apple Watchは手首につけるので
生体センサーがつかえます。

健康管理や運動に役立ちます。
あなたの生活にも役立つように
つの使い道を紹介します。

・Apple Watchの生体センサーとは
・2つの使い道を発表します
を紹介します。

スポンサードリンク

 

Apple Watchの生体センサーとは

「Apple Weatchを買う理由」の一つに
センサーがあります。

スマホには無かった機能なので
あなたも新鮮に感じるでしょう。
詳しく見てみましょう。

「Apple Watchの生体センサーが便利!
ここまで分析できるのか」の記事はこちら

2つの使い道を発表します

②運動

「心拍数を計るのなんて
おじいちゃん、おばあちゃんだけでしょ」
とあなたは思うかもしれません。

ですが心拍数を計ると
あなたの運動が180度変わります。

運動でオススメの心拍数を紹介します。
順番に計算してください。

スポンサードリンク

「①220-年齢(○○才)
②朝起きた時の心拍数
③運動でオススメの心拍数

④運動強度
(あなたの体調、体力に合わせて
50%~70%(0.5~0.7)ほどで決めてください)」

③=(①-②)④+②
で運度でオススメの心拍数が分かります。

例えば30才、運動強度60%、
朝起きた時の心拍数60とします。

①=220-30=190
②=60
④=0.6で計算します。

③=130×0.6+60
=133です。

例は運動でオススメの心拍数は
133です。

一度ペースをつかめば
一生使えるので計算してみてください。

②体調管理

生体センサーは体温も計れます。
「体温計って何か意味があるの?」
とあなたは思うかもしれません。

体温が1度上がると
免疫力が5倍になります。

これを知ると「1度って大切だな」
と思いませんか?

低体温だとむくみ、疲れやすい、
肩こり、腰痛など
デメリットは沢山あります。

体温は思っている以上に
大切ですよね。
あなたも定期的に体温を計ってください。

もし体温が低かったら「運動する」
「食生活を見直す」
「お風呂にゆっくり入る」などしましょう。

まとめ

Apple Watchは今までのスマホなどには無い
生体センサーがあります。

心拍数を計ると
あなたの運動が180度変わります。

「オススメの運動強度」を
知っておきましょう。

体温は1度上がると
免疫力が5倍強くなります。

体温を定期的に計って
健康な体を作ってください。