grh_r

Apple Watchには
カメラ機能があります。

今までiPod touchやiPhoneだけで
カメラを撮っていたなら
連携してみてください。

連携するとカメラの機能が
大きく進化します。

2つの使い道を紹介するので
あなたにも使って欲しいです。

スポンサードリンク

 

①自撮りに使う

「自撮りしたい!」と思ったら
あなたはどうしますか?

一人だとできますが
集合写真を撮る時は

「写真撮ってください」と
道行く人に尋ねたりするかもしれません。

ですが、自分たち以外に
人がいなかったり

道行く人が忙しそうだったら
困りますよね。

そんな時にセルカ棒を使うかもしれません。
「自分達だけで集合写真が撮れる」
と話題です。

ですがブレてしまう事があります。
それならiPhoneを固定して
写真を撮りましょう。

「セルカ棒では完全に固定できない!」
とあなたは思いますよね。

そんな時に「Apple Watchのカメラ機能」が
とても便利です。

iPhoneのカメラを持っていなくても
Apple Watch上で
シャッターを切れます。

「Apple WatchがiPhoneカメラの
リモコンになる」と思ってください。

②動いている時に撮る

ジョギング中や
ジェットコースターに乗っている時など
iPhoneのカメラは使えません。

もし使ったらジョギングの邪魔になったり
落ちたり大変ですよね。

スポンサードリンク

ですがApple Watchのカメラリモコンを使えば
こんな時でも写真を撮れます。

ジョギング中や
ジェットコースターに乗っている時でも
ワンタッチで写真を撮れます。

普段は撮れないような
写真が撮れるのでオススメです。

まとめ

自撮りはセルか棒を使う人が多いですが
Apple Watchのカメラリモコンを使えば
ブレる可能性がかなり減ります。

ジョギング中や動いている時に
ワンタッチで写真を撮れるのは
おもしろいです。

思いがけない一枚が撮れると
思います。