aerg_r

内蔵スピーカーが使えないと
イヤホンなどを準備しないといけないので
大変ですよね。

イヤホンなどをいちいち準備するのは
めんどくさいです。

内蔵スピーカーが音が出ないのには
原因があります。
その原因を解決しましょう。

修理する時の4つのコツを
紹介します。

スポンサードリンク

 

①水で濡れていないか確認

雨などで濡れて
内蔵スピーカーが機能しなくなる事があります。

内蔵スピーカーに水滴が入り込んで
使えない状態ですね。

「雨で濡れた時から使えなくなった!」
と、言うなら水滴が原因です。

水で濡れた時の対策を知って欲しいので
↓の記事もご覧ください。

「iPod touchが水に濡れて
音が出ない時の3つの対策」の記事はこちら

②世代を確認する

「そもそも内蔵スピーカーの位置が
分からない」

「初めから音が鳴らない…」という時は
iPod touchの世代を確認してください。

第一世代は内蔵スピーカーが無いので
注意してください。
第二世代以降は内蔵スピーカーがあります。

③再起動する

iPod touch本体の不具合で
音が出ないのかもしれません。

スポンサードリンク

一時的に音が出なくなる事があるので
再起動して直しましょう。

「再起動なんかで直るの?」と
あなたは思うかもしれません。

「困ったら再起動」と言われるほど
再起動は不具合に有効です。
簡単で便利なので覚えてください。

「再起動する2ステップ!
再起動が便利すぎる」の記事はこちら

④Appleに連絡する

iPod touchはApple製品なので
Appleに連絡するのが
一番早いかもしれません。

iPod touchは一年の保証期間があるので
もし買ってから一年以内なら
Appleに連絡してください。

送料も修理費も無料で
修理してくれます。

「保証期間がいつまでか分からない!」
とあなたは思うかもしれません。

保証期間を調べる方法を知って欲しいので
↓の記事もご覧ください。

「修理保証期間を調べる方法!」の記事はこちら

まとめ

iPod touchの内蔵スピーカーが
無いとイヤホンやスピーカーが必要なので
いちいちめんどくさいです。

「雨が降ってから音が出なくなった!」
という時は「濡れた時の対策」を
してください。

第一世代は内蔵スピーカーが無いので
注意してください。

再起動するだけで音が出る事があるので
試してみましょう。

最後は本家のAppleに連絡してください。
一年以内なら無料修理なので
連絡するのも良いですね。