agr_r

もし聴いている音楽が
音漏れしていたら
どう思いますか?

「音漏れしているよ」
言われたら恥ずかしいです。

周りの人に失礼だったり
自分が恥ずかしかったりして
困ります。

音漏れを防ぐ為の対処法
3つ紹介します。

スポンサードリンク

 

①イヤホンを変える

イヤホンには「音漏れしやすい物」と
「音漏れしにくい物」があります。

音漏れしにくいのは
インナーイヤー型<カナル型<密閉型ヘッドホン
という感じです。

インナーイヤー型を使っているなら
カナル型に変える事をオススメします。

「違いが分からない!」と
あなたは思うかもしれません。

インナーイヤー型は
音が出る面が平らです。

カナル型は耳とイヤホンの間に隙間が無い
耳栓のような形です。

実際に見た方が分かりやすいので
インナーイヤー型、
カナル型でオススメのイヤホンを紹介します。

インナーイヤー型

カナル型

写真で見たら分かりやすいです。
ゴムがついているのがカナル型、
ついていないのがインナーイヤー型です。

「ヘッドホンを持ち運ぶのが
めんどくさくない!」とあなたが思うなら
思い切ってヘッドホンにしても良いですね。

②音量を小さくする

音漏れする原因は
「音量が大きすぎる事」がほとんどです。

音量が小さければ
音漏れする音も無いですよね。

スポンサードリンク

音が大きすぎると
あなたの耳も負担がかかってしまいます。

「必要以上の音量で聞かない」
意識してください。

電車など周りに人がいる時に
イヤホンをつけるなら
音漏れしないかチェックしても良いですね。

イヤホンの音が出る部分を塞げば
チェックできます。

③再起動する

本体の不具合で音漏れしている事もあります。
そんな時は再起動してください。

便利で簡単なので
覚えておく事をオススメします。

「再起動する2ステップ!
再起動が便利すぎ」の記事はこちら

iPod touchとiPod nanoの再起動の方法は
一緒です。

まとめ

あなたがインナーイヤー型のイヤホンを
使っているならカナル型や
ヘッドホンにすると音漏れしにくいです。

音量を小さくするだけで
音漏れが防げます。

「必要以上の音量で聞かない」と
意識してください。

本体の不具合で
音漏れしている事があるので
一度、再起動するのも良いですね。