geh_r

イヤホンが
接触不良になったら
音楽がしっかり聞けません。

これは困りますよね。
接触不良はイライラするので
直したいです。

・接触不良にならない為の2つの予防法
・接触不良になった時の3つの対策
を紹介します。

スポンサードリンク

 

接触不良にならない為の2つの予防法

接触不良になってしまうのは
必ず原因があります。

原因を抑えて
接触不良を事前に予防しましょう。

①買ったらイヤホンで聴いてみる

iPod nanoは初めから壊れている事があります。
初期不良の場合
Appleに修理を依頼しましょう。

iPod nanoは一年間の保証期間がついていて
無料で修理してくれます。

「保証期間内か分からない!」と
あなたは思うかもしれません。

シリアル番号が分かれば
「保証期間内かどうか」すぐに分かります。

「シリアル番号と
無料保証期間の確認方法」の記事はこちら

一年を過ぎたら有料になるので
「初期不良が無いか」
早めに確認してください。

②大切に使う

イヤホンジャックに
水やゴミが入ったり

イヤホンを挿したまま
乱暴に扱うと接触不良になりやすいです。

イヤホンジャックが壊れたら困るので
大切に使いましょう。

スポンサードリンク

なんでも言えますが大切に使えば
壊れる可能性は下がります。

「大切に使う、無理をしない」を
意識してください。

接触不良になった時の3つの対策

①アルミホイルを入れる

接触不良は
イヤホンジャックとイヤホンが
つながっていないから起きます。

「イヤホンジャックとイヤホンを
つなぐ補助」をすれば
接続が改善します。

アルミホイルを
・イヤホンジャックに入れる
・イヤホンのプラグに巻く
のどちらかをしてください。

簡単ですが、役立ちます。

②再起動する

イヤホンジャックやイヤホンではなく
iPod nano本体の問題かもしれません。

本体の不具合は再起動すると
直る事が多いです。

「再起動する2ステップ!
再起動が便利すぎ」の記事はこちら

③音量を確認する

音が出ないのは
音量が0だからかもしれません。

音量が0なら音が出ないのも
当然ですよね。
一度、音量を確認してください。

まとめ

初期不良ならすぐに交換してくれるので
iPod nano7を一度、イヤホンで
聴いてみてください。

乱暴に扱ったり無理をしたら
壊れやすいので
大切に扱うようにしてください。

アルミホイルを使うだけで
イヤホンジャックと
イヤホンが接続しやすくなり
接触不良が改善する事があります。

iPod nano本体が不具合の時もあるので
再起動を試してください。

音量が0なら音が出ないのも当然なので
確認してください。